検索
  • juntakachio

第15回セシリア国際音楽コンクールにて

最終更新: 4月15日





こんにちは。

突然ですが、第15回セシリア国際音楽コンクール リサイタル部門の本選が今月終わりまして、5位に入賞することができました。

とても嬉しく思っております。


リサイタル部門はたくさんの曲を用意しなければいけないだけでなく、弦楽器と合同での審査となるのでなかなか厳しい戦いとなりました。


昨年、リハーサルでとあるホールに置かれていた

「セシリア国際音楽コンクール出場者募集」

のチラシ。


最初は

「ああ、コンクールとか懐かしいなあ」

とか思う程度で、まさかこの年齢にもなって出場しようとは夢にも思いませんでしたが。。。


様々なアンサンブルや楽曲提供の仕事をこなしていく中で、充実しつつもどこかで心の片隅で

「そういえば自分には中途半端な受賞歴(審査員賞とか。。。)しかない」

ことを気にしていたように思います。


昨年取得したヤマハのグレード試験もそうでしたが、コロナ下の自粛騒動で時間がある今、

「若い頃に成し得なかったこと」

に取り組んでいるなかで、コンクールにももう一度挑戦してみようと思い、昨年の夏頃から準備を開始しました。

やるなら今しかない。

友人の紹介で憧れの御邊典一先生にご指導いただき、新しい発見をたくさんすることができました。

レッスン以外にも精神的に支えになってくださり、感謝しております。


お気付きの方も多いかもしれませんが、私はここ10年ほどクラシック音楽と距離を置き、ピアノソロからも離れていました。

その理由はここでは書きませんが、時が来たらお伝えしたいですし、いつか解決出来たときに(解決しないといけないのですが)同じように悩んでいる方にアドヴァイスができたらと思っています。


いずれにしても、これからも過去の偉大な作曲家の音楽に向き合い、尊敬の念を持って楽譜を読み、学び、たくさんの方に喜びを与えられるような音楽家でありたいと思っています!












62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示