検索
  • 純 高知尾

真岡ミュージカルの第16回定期公演「DIVINE〜真岡 光と闇の聖なる戦い〜」 ありがとう!



















おかけさまで、真岡ミュージカルの第16回定期公演「DIVINE〜真岡 光と闇の聖なる戦い〜」が無事千秋楽を迎えることができました! お忙しいなか来てくださったお客様、本当にありがとうございました!! そしてスタッフの皆様のご尽力に心から感謝です。 コロナの影響で、久しぶりにガッツリと真岡に滞在してミュージカル漬けの日々を過ごすことができました^^

今回も脚本、演出の田崎麻矢先生と煮詰めながら、今回はカーテンコールを含め12曲を制作させていただきました。 ギターを小川先生に、フルートを妻にレコーディングをお願いしました。 そうしてできた曲たちにMAI先生とSAYURI先生が振り付けをつけてくださり、一気に華やかに! 細岡悦子先生のヘアメイク術もさすがで、器用すぎてビックリ! そして代表の伊巻由美子先生は講師陣の意見を尊重してくださっているのがよくわかりますし、あの器の広さは超かっこいい!

キャストメンバーには新しく入った子もいれば卒業していく子も。 今回で最後の公演となるJK2人がカーテンコールに登場した時には私もボロボロ涙が止まりませんでした。 たくさん練習して立派に歌って踊ってくれてありがとう! アンコールの「ミチシルベ」では、かけつけてくれた卒業生やスタッフが客席の1番後ろに集結して一緒に踊っていました(笑)

どの部屋に行ってもみんなが練習してるのは私の曲だし、本番中も自然と客席から手拍子が起きたり、ピアニストとしての活動だけでは経験できない感動があります。 私を劇版作曲家として成長させてくださっている真岡ミュージカルの皆様に心から感謝です(^^)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示